親友のお墓参り

今日はお墓参りだ!ちあきJr.です。

台風の影響で、随分涼しくなったお盆です。(新潟では)

もう、コロコロとコオロギが鳴いています。

でもまだまだ、暑さはつづくと思いますので気をつけないといけないですね。




8月13日はどなたにとっても特別な日かもしれませんが、小生にとってもなんだかとっても不思議な1日です。



どこの県民だったか忘れてしまいましたが、お墓の前でゴザを敷いて宴を開くように供養する。

小生はこの県民の気持ちがよくわかります。



お墓のそばから離れたくない気持ちがロウソク、線香にともる明かりと煙がいつまでも、いつまでも小生を後ろ髪引くように・・・・・。


人生には色んなしがらみで故人のお墓の前にでもゆっくりしていられない場合もあるのです・・・



親友のMのお墓の前でも・・・

「南無阿弥陀仏・・・南無阿弥陀仏・・・」と唱える小生は、もっとここにゆっくりとしていたい。

親友のお墓の前で故人と話しをしたい気持ちがあります。

いつも、なぜか、お墓参りのたびに、ここで、ゆっくり故人と話したいよー・・・。

と思いながら、出来ない自分と娘があります。

「おじさんは、○○ちゃん来たか!^^」って言ってるよと小生がつぶやく・・・。

「うん・・・」と娘

親戚でもない親友ですが、付き合いは親戚以上でしたから故人の生前の想い出は子供も私も一緒です。

なんでか、涙がこぼれたり、こらえたり、そんなお盆です。

親や、先祖、親戚のお墓参りとはまた違うお墓参りです。








この記事へのコメント

2010年08月14日 05:35
子供の頃と違って、自分の近しかった人たちを参るようになり段々墓参りも意味も自分にとって変わってきました。
ただ親友となると、また違った感慨があるでしょうね。
本当に一晩飲み明かしたい気持ちなんでしょう。
そんなお参りをご友人も喜んでいるような気がします。
2010年08月14日 06:46
タフィー104さん
コメントありがとうございます。
なんだかつらい一面をみせてしまいすみません。
でも、小学生の頃からの幼なじみで、今年7回忌を向かえました。奥さんや息子さんとの付き合いはやや少なくなりましたが生前と変わらず、一緒にお酒を飲むこともあります。親友Mはずっと私の心の中で生きています。
2010年08月14日 15:29
こんにちは。
自身は仕事もあって実は
まだ先祖の墓参りにも行けてません。。

ほんとに仲の良いご友人だったんですね。
ちあきJr.さんのその気持ちは
しっかり伝わっていると思います。
2010年08月15日 14:21
大切な方のお墓参りに出かけられたんですね。
きっと親友の方も待っていらしたでしょうね。
お墓参りに行くと色々な事を思い出して、生き返って逢いたくなってしまいませんか?
私は、今年のお盆はそんな心境なんです。
無理なんですけどね。
2010年08月16日 02:22
サスケという白土三平の漫画の中で、サスケが言うのです。死んだらガイコツになるだけだ・・・。
私もそう思ってました。
しかし、別れの最もつらいことは残った人達に容赦なくその辛さが降りかかることでもあると・・・。
ならば、逆を・・・つらくなるほど幸せを与えてくれた故人に感謝せねばと思うのです。
2010年08月16日 02:39
るんるんさん
故人に話しておきたかったことって亡くなったあとから、あとから沢山出てきますよね~。
その時々の経験を酌まなく報告したくなりますよ。
でも、報告したい気持ちで故人を思い出すってことなんだからそれはそれで逆にいいのかな!?って

この記事へのトラックバック